ドラゴン桜から学ぶ、個性的になる為のマインド


ドラゴン桜という漫画をご存知ですか?

 

ドラゴン桜の概要は、倒産寸前の高校から一年以内に東大生を排出して
超進学校として有名にして高校を再建するというストーリーです。
漫画から学べるのか?と思われるかもれしません。

ですが、興味深いものがありましたので紹介いたします。

 

主人公 桜木健二の発言

「型がなくてお前に何ができるっていうんだ?

素のままの自分からオリジナルが生み出せると思ったら
大間違いだ。創造するってことは、まず真似ることから
始まるんだ!

基礎となる”型”をまず身につけ、それを工夫とアイディアで
アレンジしていくんだ。

てめぇにその基礎があんのか!

”型”にはめるな!なんてホザくやつは、ただのグータラの
怠け者だ!てめぜは今がその結果のくぜにデカい口叩くな!」

【ドラゴン桜 2巻より】

これは守破離と同じことを言っています。

 

守破離とは?

 

茶道、芸術、武術などにおける師弟関係のあり方について
使われている言葉です。

・守 :師匠に教わった型を守る。

 

・破 :型を守った後に、より良いと思われる型を研究し改良することで
既存の型を破る。

 

・離 :最後には、自分自身で作り出した型になり、師匠の型から離れる。

 

型にはまり、そこから個性を見出す過程になります。

 

 

 

まずは【守】を徹底する

 

すでに成功するための方法が確立されている有料商材や
ノウハウを手にしているなら、それをただ真似すれば良いだけです。

*真似をするとは、文章をパクったり、そのままコピーするのではなく
本質的な文章構成や行間などを真似るということです。

それだけで最速で成功することが可能です。

ですが、なかなか出来ていないのが現実です。

私の場合ですが・・・マニュアルを見ながら作業していたはずなのに、
読み返してみると間違いに気が付くという経験があります。

 

 

 

【破】

 

型にはまることなく、すぐに破からはじめて良い結果が出ていればいいのですが、
稼ぐことができていないなら「型」をしっかりと覚えることが大事です。

 

型を守り良い結果出たなら「型」を崩して工夫やアレンジをする。

 

型を崩したら、売り上げやアクセス数に変化があるのか、ないのかなどを
繰り返し検証する。

 

 

【離】

 

「破」で試した検証で良かった方法を確立していく。

 

ここでオリジナルや個性的で周りと差別化をすることが出来ます。

 

遠回りに見えるかもしれませんが、最短ルートになると思います。

 


 

すでに有料商材を手にしているなら、まずマニュアル通りに実践してください。

 

自分を成長させていく際に非常に大事な考え方になりますので
是非覚えておいて下さい。

 

記事一覧

 

無料プレゼント付きメルマガ登録はこちら


無料プレゼント付きです!!

ブログ管理人

訪問ありがとうございます。

ランキング

第1位
The Million Writing

何故ネットビジネスの経験などほぼゼロに等しかった“その男”が
 たった1年で5億円以上の「利益」を稼ぎ出せてしまったのか。

→詳しく見る

第2位
Unlimited Affiliate

現時点で「最強のアフィリエイト教材」

→詳しく見る

第3位
「賢威6.2」

SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」

→詳しく見る

▲トップへ戻る