ビジネスメールの書き方とマナー


ネットビジネスを始めたばかりで、分からない事や疑問に感じたことを

質問したいと思っても、質問メールをどう書いたら良いのか

迷ってしまうかもしれません。

書き方やマナーについて、お伝えします。

 

件名

 

まずは、『件名』です。

 

メールを受け取った相手は件名を確認します。

 

大量のメールを処理しなければならない様な

忙しい人に、件名が明確でないメールを送信すると

読まれない恐れがあります。

 

相手がメールを開かなくてもわかるように

件名は本文の内容を簡潔に分かりやすく書きます。

 

件名は「何の」用件なのかを書く。

 

 

 

本文

 

次は

『名前を名乗る』

 

ヤフーメール同士やGメール同士なら名前は表示されますが、

ヤフーメールとGメールの場合はアドレスしか表示されませんので

「誰??」となります。

 

名前は必ず最初に名乗りましょう。

 

 

『書き出し』

 

一般的なのが

「お世話になっております」

「いつもメルマガ楽しく読ませて頂いています」

など、短文の挨拶も入れます。

 

 

『質問の内容を伝える』

 

ここで注意してもらいたいのが分からない事を

自分で調べているのは大前提です。
自分で調べることで、記憶に残りやすく

身に付くことがあるからです。

 

調べて解決、解消されないことを質問しましょう。

 

「ネット上で〇〇〇と書かれていたのですが~」と

言われても、星の数ほどあるサイトや記事の

どれを見たのか明記してないと、話が伝わりません。

URLを貼るとかサイト名を添えるなどしましょう。

 

 

「アフィリエイトについて~」ではなく、

「ブログアフィリエイト」とか「メルマガアフィリエイト」など

具体的な事を省かないように書きます。

 

文章で相手に「自分が聞きたい事」をきちんと

伝える努力をするというのは、最低限の礼儀でありマナーです。

 

自分が伝える手間や努力を怠ったールを

送ってしまうという事は相手の時間や手間を

必要以上に奪うことになります。

 

文章の書き方

・適度な改行をすると読みやすい。

・意識的に「、」 (読点)を入れる。
メールにリズムが生まれ、テンポよく読み進めれます。

 

 

返信がきたら

問題が解決したのかどうかを伝え、お礼を言う。

返信の際は引用を残したままで大丈夫です。

 

複数人の返事をしている場合、内容を覚えていない可能性もあるので、

前回のメールを探してもらう手間が省けます。

 

一般的な常識として問い合わせなどのサポートメールは

貴方が聞く⇒ 回答 ⇒ お礼

という1往復半の完結が基本だと考えて下さい。

 

聞くだけ聞いておいて、返信してもお礼の一言も無く

また次に「質問が・・・」「分からない事が・・・」と

聞きたい事を聞いてくるというだけの方もいます。

 

ネットビジネス初心者だったとしても、

人として失礼な事だと思わない時点でアウトだと

私は感じます。

 

顔は見えませんが、パソコン画面の向こうには

人がいますので「思いやり」を忘れないようにして

欲しいと思います。

 

無料プレゼント付きメルマガ登録はこちら


無料プレゼント付きです!!

ブログ管理人

訪問ありがとうございます。

ランキング

第1位
The Million Writing

何故ネットビジネスの経験などほぼゼロに等しかった“その男”が
 たった1年で5億円以上の「利益」を稼ぎ出せてしまったのか。

→詳しく見る

第2位
Unlimited Affiliate

現時点で「最強のアフィリエイト教材」

→詳しく見る

第3位
「賢威6.2」

SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」

→詳しく見る

▲トップへ戻る