シャープ倒産は回避できだが、雇用はどうなる?


シャープ崩壊 名門企業を壊したのは誰か

日本経済新聞出版社

絶頂期から鴻海買収交渉まで転落激のすべてを活写!

「キングギドラ経営」「会長手動のクーデター」「1社長1工場」—。

シャープは権力者の人事抗争の末に悲劇が起きた。

堺工場に代表される液晶事業への身の丈に合わない

巨額投資の失敗はもちろんだが、経営危機に陥った後に

内紛が激化し、効果的な打開策を打ち出せず、傷口が広がった。

液晶主導の成功から赤字転落、鴻海精密工業による買収提案まで

日本経済新聞大阪本社・経済部が総力を挙げて名門企業が

瞬く間に転落する姿を描く緊急出版!

【シャープ崩壊 名門企業を壊したのは誰かより引用】

 

シャープが鴻海精密工業に買収された後に、

この書籍を見たのでシャープが崩壊したの?と思いましたが、

出版されてから私が目にするまでに少し時間経っていました・・・^^;

 

 

シャープと言えば液晶テレビやIGZO、イオン発生機の

「プラズマクラスター」とか「水で焼く」というキーワードでブレイクした

ウォーターオーブン「ヘルシオ」、茶葉を「挽く」「沸かす」「点てる」

ことが出来るお茶メーカー「お茶プレッソ」など独創的な製品が

多く、私は好きな電気メーカーです。

 

それだけに赤字経営になった時は、経営再建を

頑張って欲しいと思っていましたが、自力で経営再建は

出来ず鴻海精密工業に買収されました。

 

倒産は回避できたので、これからも新しい製品は

期待したいと思っています。

 

 

赤字になった理由は?

 

歴代社長や経営幹部の間の確執とそれが引き起こした

経営と人事の迷走や液晶の成功体験による企業としての

満身と謙虚さの欠如、液晶へ巨額の集中投資がもたらした

財務的な負担、太陽電池事業の業績不振などが

原因と言われています。

 

高橋氏が社長就任後は権力者達を排除することには

成功したのですが、経営は少し良くなっては

それ以上に悪化するの繰り返しで、なかなか抜本的な

改善には至らなかったようです。

 

 

気になるのが雇用問題

 

シャープはリストラをしない企業でしたが、赤字経営になってからは、

かなりの人をリストラしています。

 

鴻海精密工業の意向によっては、さらに人員整理があるかと

思います。

 

鴻海側は「全員の雇用を守る」と表明していたものの

基本同意後は「40歳以下の雇用は守る」とトーンダウンし、

その後「なるべく全員の雇用を守りたい」という表現を

するにとどまっています。

 

鴻海精密工業に買収された事で、今後シャープがどうなるなか

動向を注目していきたいと思います。

 

 

まとめ

・大企業でも経営者次第では倒産する可能性はある。

・大企業に勤めていても経済的な安心はできない。

・取り巻く状況、環境、経済はすごいスピードで変わっている。

 

シャープでこれだけの危機になっているわけですから

普通の中小企業はもっと危機的な状況になりやすい

時代になるのではないかと感じます。

 

なので、私はそういった将来を見越して

会社に収入を依存しない為に自分で稼ぐ力、スキルを

身につけることを提案しています。

 

サラリーマンの方でも簡単に始められますので

自分の強みを作りたい人にはもってこいだと思います。

 

メルマガで詳しくお伝えしていますので登録して下さい。

メルマガ登録

 

無料プレゼント付きメルマガ登録はこちら


無料プレゼント付きです!!

ブログ管理人

訪問ありがとうございます。

ランキング

第1位
The Million Writing

何故ネットビジネスの経験などほぼゼロに等しかった“その男”が
 たった1年で5億円以上の「利益」を稼ぎ出せてしまったのか。

→詳しく見る

第2位
Unlimited Affiliate

現時点で「最強のアフィリエイト教材」

→詳しく見る

第3位
「賢威6.2」

SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」

→詳しく見る

▲トップへ戻る