読まれるメールを書くポイント


メルマガは「件名」と

最初の5行が命です。

 

ご自宅のポストに届くDM。

 

どんなDMを開きますか?

どんなDMを捨てますか?

 

あなたのメールボックスに届いた

メルマガを開きますか?無視しますか?

 

開く理由はなんでしょうか?

捨てる理由はなんでしょうか?

 

封筒を開けてくれなかったら、

送った意味が無いです。

 

あなたのポストに届くDMや封筒、

開くものと開かないものがあるはずです。

 

開かずにテーブルに置きっぱなしの

DM、届いた瞬間に開くDM。

 

この違いを意識してみてください。

 

あなたは、なぜそのDMを開いたのか?

逆になぜ開かなかったのか?

 

今後、ご自宅に届く封筒やDMを

開く理由、開かない理由を

意識してみてください。

 

メルマガを開くかどうかにも

ちゃんと理由があります。

 

これは共通して言えることですが、

手紙にしても、DMにしても

メルマガにしても

「自分に関係があるか」

が、一番重要な判断基準です。

 

メルマガにおいて、それを表現できる場所が

件名」です。

件名が命です。

 

件名を見て自分に関係があるかどうかを

判断します。

 

そして、件名は必ず14文字前後に

してください。

 

人間が一度に認識できる文字は

14文字だそうです。

 

Yahoo!のトップページ真ん中に掲載されている

トピックスは14文字前後になっています。

 

そして、興味をひらかなければなりませんから、

ちょっと危ない言葉を入れたり、

イラっとする言葉を入れたりする必要も

出てきます。

 

まとめ

 

・メルマガの開封率は件名できまる。

・件名は14文字前後。

・件名にインパクトを入れる。

 

メールを開いてもらったら、

次は最後まで読んでもらうことです。

 

読まれるメールの方程式は、

「結論を最初に書く」です。

 

まず、件名と連動している話題であること。

 

そして、結論を最初に書く。

 

回りくどいメールは最後まで

読んでもらえません。

 

みんな忙しいですからね。

 

しかも、あなたのメールを

受信しているという事は

他のメルマガも受信している

可能性が高いです。

 

読者のメールボックスには

たくさんのメールが届いていて

しかも忙しい方々です。

 

その中で、あなたのメールを

開いてもらって、最後まで

読んでもらうには工夫が必要です。

 

メルマガにおいて「起承転結」は

通用しません。

 

「結・起承転結」が理想です。

 

最初の5行で結論を述べてください。

 

最初の5行で全てが決まると

考えてください。

 

上司への報告もそうですよね。

 

「なんでやねん!」って言われるのが

怖いからって、言い訳をまず話し出すと

イライラされるだけです。

 

メルマガと上司への報告は結論から!です。

 

 

 

無料プレゼント付きメルマガ登録はこちら


無料プレゼント付きです!!

ブログ管理人

訪問ありがとうございます。

ランキング

第1位
The Million Writing

何故ネットビジネスの経験などほぼゼロに等しかった“その男”が
 たった1年で5億円以上の「利益」を稼ぎ出せてしまったのか。

→詳しく見る

第2位
Unlimited Affiliate

現時点で「最強のアフィリエイト教材」

→詳しく見る

第3位
「賢威6.2」

SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」

→詳しく見る

▲トップへ戻る